どんな学校があるか | 人の命を救う仕事、医療や福祉系の学校に行く
たくさんのハテナ

どんな学校があるか

医療従事者の資格には

医療従事者は人の命に関わることを行なう責任ある職業です。
その為、国家試験や、試験を受ける為には専門の学科を卒業しなければならない、などの決まりがあります。
競争率の高い学校も多く、医師や看護師などは、医学部予備校や看護学校専門予備校など、特別な受験対策を行なう塾や予備校もあります。
どのような資格にはどのような学校があるかを知る事が、医療従事者を目指す上で大切な事です。

医師・歯科医師

医師や歯科医師は特別な職業です。
医学部や歯科医学部を卒業し、国家試験である医師試験に合格する事が必須の条件です。
医学部は大学の中でも特に狭き門だと言われています。
そのため、医学部に合格するための医学部予備校などが存在し、多くの人が医学部に入学する為に勉強に励んでいます。
また、医学部予備校の中には、受験を目的としたものの他にも、医学生を対象に国家資格対策や模試を行なう医学部予備校もあります。
医学部に合格しても国家試験に合格しなければ医師になることは出来ないため、医学部は入学後も継続して勉強に力を入れる必要があります。

看護師

看護師になる為には3年間の看護学校や4年制大学の看護学部へ通う方法があります。
以前は就学期間が2年間の准看学校と呼ばれる学校もありました。
准看とは、看護師ではありますが、国家試験でなく、都道府県の行なう准看護師試験を行なうという違いがありました。

理学・作業療法士

理学療法士や作業療法士になるには、専門学校に通う必要があります。
3年制と4年間通う大学もあります。