現役も、浪人生も | 人の命を救う仕事、医療や福祉系の学校に行く
たくさんのハテナ

現役も、浪人生も

予備校に通う人

医師とは特別な職業です。
内科や外科、整形外科に歯科など、様々な専門分野がありますが、基本的にはどの分野に対しても広く知識を持っていなければなりません。
修得するべき知識の量はかなり膨大で、またそれに加え技術的な面も磨かなければなりません。
医学部に合格するのも大変ですが、その後、大学に入ってからも学ぶ事は付きないと言われています。
そんな大変な仕事ですが、医師を志す人は多いです。
医学部予備校でも、現役の高校生から、医学部目指して浪人を行なう生徒、また釈迦詩人で医学部を目指す生徒もいます。
医師になりたかったが、医学部受験にやぶれ、他の医療職や研究開発、また普通のサラリーマンとして生活していた人が、やはり夢を諦めきれないと受験するパターンです。
医学部予備校には、様々な生徒が集い、受験に向けて勉強に励んでいるのです。

現役の学生

高校に通う現役の学生も医学部予備校には多いです。
3年制から通う人はもちろん、大体が高校入学時から医学部目指して入塾してくる人も多いです。

浪人生

医学部は現役で合格する確率が他の学部に比べて低いです。
多くは浪人して希望の医学部に入るため、その後の限られた1年を勉強に費やします。
地方から来る人も多く、一度他の大学へ入学したが諦めきれずに退学して医学部予備校に通う人も多いです。

社会人

社会人が医学部予備校に通うケースも多いです。
勉強がとてもハードな分、仕事を継続して行なっているケースはとても稀です。
多くは仕事を休場したり退職したりして学習しています。