医学部予備校とは | 人の命を救う仕事、医療や福祉系の学校に行く
たくさんのハテナ

医学部予備校とは

医学部受験の為に

医師になる為には、まず医学部のある大学に通う必要があります。
医学部のある大学というのは、国立や公立、私立などもありますが、通常の学科よりは数が限られています。
しかし医師を志す人は多く、かなり狭き門になっています。
また一般的に行われるセンター試験などの一次試験に加え、2次試験で理数系の科目においてのかなり専門的な試験を行なう事も多いです。
その為、医学部を希望する学生の中には、医学部予備校と呼ばれる塾に通う人も多いです。
医学部予備校とは、医学部受験に特化した内容の学習を行います。
講師も医学部受験のプロが集まっているので、試験対策や勉強法についての悩みも専門的な視点から良いアドバイスをしてくれます。

医学部予備校とは

医学部予備校は全国各地にありますが、特に東京や京都、大阪や福岡などの中心都市に多く存在します。
医学部のある大学がそのような場所に多いという特徴もあり、学生数も多い事が立地の要因として挙げられます。
人気のある講師などがいる医学部予備校などは、県外からわざわざ通ってくる人もいるほどです。
医学部受験というのは、通常の大学受験よりも競争率の高いものなので、受かるかどうかの差というのは、わずかな差だと言われています。
医学部受験に何度もチャレンジしている人も多いですが、それらの人は、何も学力が足りないわけではないのです。
医学部へ受かるかどうかという試験結果の分かれ目が僅差な為、惜しい所で涙を飲む受験生が毎年います。
その僅差を埋める為に、少しでも優秀な講師から指導を受けたいと願う人は実際に多いのです。